サービス日本一を目指し続けて 旭交通タクシー

タクシーの基本料金

基本料金表

税制改正により、平成26年4月1日より消費税率が8%に引上げられ、それに伴いまして運賃も改定されることとなりました。
どうぞご理解をいただきますようお願い申し上げます。

平成26年3月  九州陸運局長認可 

  車 種 距 離 運 賃




初乗
運賃
普通車 最初の1.5キロメートルまで 620円
大型車 700円
特定大型車 760円
加算
運賃
普通車 191mを増す毎に 50円
大型車 236mを増す毎に 90円
特定大型車 225mを増す毎に 90円
      時 分 運 賃
時間距離
併用運賃
及び
待料金
普通車 時速10km以下の
運行時間について
1分10秒毎に 50円
大型車 1分25秒毎に 90円
特定大型車 1分25秒毎に 90円
    時 間  




普通車   30分毎 2,000円
大型車   2,850円
特定大型車   2,950円

 

      運 賃
深夜早朝割増運賃 年間を通じて22時~5時まで 2割増
迎車回送料金 2kmを超える場合は発車地点から2kmの地点を距離制運賃の起算点とする。
2km未満の回送料は収受しない。
身体障害者等
割引運賃
(1)身体障害者割引   1割引
(2)知的障害者割引   1割引
(3)精神障害者割引   1割引
クーポン等割引 0.5割引




普通車 9,000円を超える部分に付き 1割引
大型車 1割引
特定大型車 15,000円を超える部分に付き 1割引

タクシーの基本料金

運賃の仕組みってどうなっているの??

距離制運賃

タクシーの運賃は、初乗り運賃と走行した距離(加算運賃)とによって算出されます。
運賃は、普通・大型・特定大型(ジャンボタクシー)と車種別に定められていて、初乗り運賃や加算運賃も異なります。
多くのタクシー会社は時間距離併用運賃を採用しています。初めはこれについてお話しましょう。
最初にタクシーに乗ったときに、初乗り運賃が生じます。
以降、車種別に定められた距離を走行するたびに加算運賃が加算されていきます。
信号待ちで止まっているのにメーターが上がった経験はありませんか?
それが時間距離併用運賃で、渋滞時など時速10キロメートル以下で走行したときも
上記の運賃表のような単位時間に加算運賃が加算されていきます。

(例えば…)普通車で、3キロメートル走行したとき(信号待ちや渋滞はありませんでした)
最初タクシーメーターを入れたとき 620円(1.5キロメートルまで)
1.5キロメートル走行した後の加算運賃 50円(191メートル毎に)

全部の走行距離は3キロメートルで、初乗り運賃は1.5キロメートルなので、加算の距離は残り1.5キロメートル
1.5キロメートル÷191メートル=7.85

メーターは1,2,3と加算されていきますので、 7.85は小数点以下を切り上げて「8」
よって、最終的なメーターは620円+(50円×8)=1,020円
ということになります。要領が分かればタクシーメーター料金から、走行距離(概算)が計算できるようになります。

時間制運賃

これも車種によって決められています。単位時間毎に金額が定められています。
走行時間よりも待機拘束時間が長い場合で、且つ予め配車センターへお申し込みされた場合に限ります。
サービス係個人との契約は出来ませんので、ご了承下さい。

その他の割引

障害者割引

身体障害者手帳もしくは、知的障害者療育手帳、精神障害者手帳をお持ちの方がご乗車され、手帳の提示があった場合、1割引いたします。
弊社のサービス係は割引を面倒がることはありません。ご遠慮なくお申し出ください。
但し、他人の手帳を提示されても割引はできません。
また、手帳の所有者本人から依頼されたべんりくんなど、所有者ご本人がご乗車されない時も割引はできませんのでご了承ください。

クーポン・プリペイドカード割引

弊社発行のクーポン券・プリペイドカード(3,000円・5,000円・10,000円)をご使用の場合、0.5割引になります。
これは、ご購入の際に割引となっています。

遠距離割引

運賃表に記載の通り、各車種によって基準となる金額を超えた時、その超えた部分について1割引いたします。