薩摩川内市観光スポット
薩摩川内市には、観光スポットがたくさん!既存のコースに追加・変更して組み込むことも可能です。
お気軽にご相談ください。
■川内温泉
800年余りの古い歴史を誇り、西郷隆盛も愛用したひなびた人情味あふれる温泉郷です。平成2年には「日本の名湯百選」にも選ばれました。
■人形岩
人形岩の向こうに夕日が沈みゆく様は川内随一の絶景です。この岩には海辺で亡くなった母親が、人形岩の父と子に会いに行くという伝説が残されています。
■川内戦国村
広さ1,000坪の枯山水の本格庭園は壮観。映画などで使われている鎧兜の展示やその製造工程も見ることができます。また、西郷隆盛の動乱の名場面をジオラマで再現した西郷記念館など歴史の中にタイムスリップできますよ。
■新田神社
神亀山(高さ70m)の山頂にあり、ニニギノミコトをまつる神社です。かつて薩摩一の宮として呼ばれた風格を今でも残しています。また隣接している可愛山陵は神代三山陵の一つにあげられています。
■泰平寺
708年元明天皇の勅令により創設されたと伝えられています。塩大黒天の昔話はアニメ「日本むかしばなし」にも取り上げられました。
■江ノ口橋
肥後の名工・岩永三五郎が薩摩藩で手掛けた最後の石造眼鏡橋といわれています。昭和47年4月に市の有形文化財(建造物)に指定されました。
■長崎堤防
薩摩藩内での最大規模の干拓工事により貞享4年に完成しました。工事成功の影にある「袈裟姫伝説」という悲話が語り継がれています。
■川内原子力発電所展示館
日本で初めて作られた実物大原子炉模型(高さ12m 直径4.5m)をはじめ、原子力に関する仕組みの数々を展示してあります。
■薩摩藩英国留学生記念館
元治2年、19名の若き薩摩藩士が密かに英国へと旅立ちました。命懸けで密航に臨んだ薩摩スチューデントたちは広く世界を見聞し新しい文明をもたらし、様々な分野で日本の近代化に貢献しました。
■江口蓬菜館
江口漁港で水揚げされた新鮮な魚介類・加工品、市内の生産農家が丹精込めて育てた農産物が販売されています。雄大な東シナ海を一望できるレストランもあります。
■薩摩金山蔵
300年の歴史を持つ串木野金山の跡地を利用した「金と焼酎」がテーマの観光施設。トロッコで行く地中700mの仕込蔵見学が人気。売店・食事処に温泉施設と設備も充実しています。
■せんだい宇宙館
天文台と展示施設の融合した体験型の天文施設です。九州屈指の50センチ反射望遠鏡で鮮明な惑星などの観測もOK、昼間は太陽の黒点の観測もできます。宇宙を体験してみませんか?
■入来麓武家屋敷
この武家屋敷は薩摩藩が置いた「麓」と呼ばれる外城の一つで、川原石の玉石で石垣を積み、門口には武家門を建て、薩摩藩の外城特有の屋敷構えになっています。
■大宮神社
中世以来入来の総社となっています。入来独自の「入来神楽」を奏し、神舞を奉納しています。
■世界一郷水車
藺弁田池から車で5分ほどのところにある、直径13.2mの杉板で作られた圧巻の水車です。水車の近くにはそうめん流し「竜仙館」があります。
■藺弁田池県立自然公園
周囲3.3kmの湖を中心とする公園。ラムサール条約に湿地登録され、釣りやボート遊びなどができます。
ブラウザの戻るボタンでお戻りください