鹿児島市・桜島観光スポット
■いおワールド
大迫力の黒潮大水槽は必見。イルカのショーも大人気!大人から子供まで楽しめる「海のテーマパーク」です!
■ドルフィンポート
お食事・お土産に最適な立寄りスポット。桜島を眺めながらの足湯は最高の気持ちよさ!
■維新ふるさと館
歴史に興味がなくても楽しめます。薩摩のルーツはここで丸分かり。市内観光のスタートにどうぞ。
■照国神社
薩摩の名君、島津斉彬公を祀る神社。
初詣や六月灯など市民に親しまれています。
■仙巌園
絶景ポイントたくさんの島津家別邸。歴史スポット、お土産、お食事処、そして何故か猫グッズのお店も…。
■ザビエル公園
フランシスコザビエルを讃えて造られたザビエル教会の一部と胸像が残っています。異文化を感じるスポット。
■城山展望台
鹿児島市内を一望するビュースポット。夜景は特におすすめですよ。
■南洲神社
隣接する南洲墓地、西郷南洲顕彰館とともに、薩摩の英雄「西郷さん」を知るには外せないスポットです。
■赤水展望広場
2004年に開催された長渕剛オールナイトコンサート記念の広場。叫びの肖像は絶好の記念撮影ポイント。
■桜島ビジターセンター
大正時代の大噴火による溶岩流の中にある科学展示館。ここで桜島のすべてが分かります。
■黒神埋没鳥居
大正3年の大噴火で、高さ3mの鳥居が首まで埋もれ、現在もその姿を残しています。
■湯之平展望所
海抜373mから間近に見る活火山桜島は迫力満点!また霧島連山から開聞岳まで大パノラマが楽しめます。
■桜島溶岩なぎさ公園
著名人の句碑を巡った後は、全長100mの足湯に浸かって、桜島錦江湾の眺めを楽しんでください。
■林芙美子文学碑
この地にゆかりが深く、「放浪記」で有名な女流作家「林芙美子」の文学碑が建てられています。
■宇喜多秀家潜居跡平野屋敷
関ヶ原の戦いで西軍だった岡山領主の宇喜多秀家は、敗戦後に平野屋敷で2年3ヵ月もの間、潜居しました。
■牛根麓埋没鳥居展望公園
高さ3.5mあった稲荷大明神の鳥居は、大正3年(1914年)の桜島大爆発の降灰で埋まってしまい、高さ1.45mの上部分が現存するのみです。
■我は海の子歌碑
我は海の子♪の歌の作詞者は、長い間不詳とされてきたが、平成になってから鹿児島県出身の宮原晃一郎と判明しました。
■埋没門柱
1914年(大正3年)1月12日の桜島大爆発により、2.5mあった門柱が完全に埋もれてしまい、上部が敷石のように見えています。
■新波止砲台跡
西欧列強からの外圧に対する防衛強化策の一環として、島津斉彬が安政元年(1854年)に設置した砲台跡で国の重要文化財に指定されています。!
■石橋記念館
甲突川に架かっていた5大石橋の内、3つを移設。博物館見学、公園散策、記念撮影も◎
■西郷隆盛銅像
ここ鹿児島の西郷さんは、陸軍大将の制服姿。直立不動で大好きな桜島を眺めています。
■西郷洞窟
西郷さんが最後の5日間を過ごした場所。近くには屋久杉工房、お土産やさんが隣接しています。
■大久保利通銅像
近代日本の基礎を創った立役者。銅像の裏に“秘密”あり。
■尚古集成館
島津斉彬公が近代化に向けて進めた集成館事業の工場跡に、貴重な文化資料が数多く展示されています。
■大久保利通の
     「為政清明」のプレート

日豊本線の城山トンネルの鹿児島中央駅側の入口には、大久保利通の座右の銘の碑があります。
■川畑愛義氏の歌碑
(かわはたあいよししのかひ)
この歌は、鹿児島人の魂の故郷である桜島・城山そして錦江湾を31文字に凝縮したものです。
■薩摩義士碑
藩政時代、彼らの偉業は公表されず、165年後ようやく慰霊碑が建ち、義士として称えられました。
ブラウザの戻るボタンでお戻りください